トップページ / Start Seite / Start Site

 

フェレンク・ファルカッシュ:ハンガリー古典舞曲より「サルタレッロ」

 

作品名:ハンガリー古典舞曲より Saltarello:Allegro

Saltarello aus Early Ungarian Dances für Flöte, Oboe, Clarinette, Horn, Fagott

作曲者:フェレンク・ファルカッシュ Ferenc Farkas(1905~2000)

編成:フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット

 

ファルカッシュは中央ヨーロッパの東洋、ハンガリーの作曲家です。ゲルマン語でも、ラテン語でも、スラヴ語でも

ない、ハンガリー語(ハンガリー人はマジャール語という)という独特の言葉を持つこの国は、伝統音楽においても、

他にはないリズムと雰囲気を持つように思います。

 

ハンガリーの大作曲家と言えば、コダーイ(1882~1967)とバルトーク(1881~1945)です。ファルカッシュの

同世代の作曲家の殆どは、コダーイに作曲を学び、その影響を強く受けていました。しかし、ファルカッシュは作曲を

ローマでレスピーギ(1879~1936)に学びました。それは、彼に色彩豊かな管弦楽法を会得させ、彼の音楽を

民族的なだけにとどまらせない、インターナショナルで個性的なものにしました。

 

「ハンガリー古典舞曲」の第5曲Saltarelloはハンガリー語ではUgros、英語ではleaping danceと呼ばれ、4分の2拍子の

快活なテンポで、スタッカートと休符による文字通り「跳躍感」のあるリズムの踊りです。鮮やかな衣装に身を包み、

スカートの裾を翻らせて踊るハンガリー人の人々の様子を想像できるでしょう。

 

解説:曽川加恵

 

この解説の著作権はアンサンブル・ハンブルク=大阪に属します。転載を希望される方は下記メールアドレスへご連絡下さい。

 

2005年日本演奏旅行スケジュールとプログラムへ戻る。

 

 

お 問い合わせ/ アンサンブル・ハンブルク=大阪へのEメール