ップページ / Start Seite / Start Site

 

アントワーヌ・レイハ(ライヒャ):アンダンテ・ヘ長調

 

作品名:アンダンテ・ヘ長調 Andante in F major

作曲者:アントワーヌ・レイハ Antonie (-Joseph) Reicha (1770~1836)

編成:イングリッシュ・ホルン、フルート、クラリネット、バスーン(ファゴット)、ホルン



ライヒャはベートーヴェンと同じ時代を生きた作曲家、理論家です。チェコで生まれ、ドイツ、ウィーンで演奏家と

して活躍した後に、パリ音楽院の教授となり、フランスに帰化しました。彼は教師としても有能で、パリ音楽院

教授時代の教え子には、リストやベルリオーズなどがいます。

 

バッグパイプ奏者であった父を亡くし、チェロの名手であったおじ、ヨゼフの養子になり、彼からヴァイオリン、

ピアノ、フルートを学びました。ヨゼフがボンに移ってからは、宮廷オーケストラでヴァイオリンとフルートを演奏

しましたが、そこにはベートーヴェンとネーフェも参加しており、彼らに作曲を学びました。

 

1794年にハンブルクに移ってからは、演奏から教育、作曲と理論的な思索を活動の中心に据えるように

なりました。その後ウィーンではハイドン、ベートーヴェンと交流し、サリエーリやアルブレヒツベルガーから

指導を受けています。このように彼の周りには当時最先端で活躍する音楽家がいました。彼らと共にライヒャも

音楽の歴史を形成する一支流として存在したのでした。

 

現在彼の殆どの作品は演奏される機会がありません。しかし木管五重奏など管楽器を中心とした室内楽に

素晴らしい作品を残している事で、この分野の重要なレパートリーとして親しまれています。

 

「アンダンテ」は1817年から1819年にかけてかかれた「二つのアンダンテとアダージョ」という連作の一つ

です。ここではオーボエではなく、洋梨形朝顔(ベル)を持つF管のアルト・オーボエを用いています。ウィーン

古典派のスタイルでかかれていますが、転調の仕方、各楽器の可能性と特長を豊かに表現している点で、

より洗練された作品だと言えるでしょう。

 

解説:曽川加恵

 

この解説の著作権はアンサンブル・ハンブルク=大阪に属します。転載を希望される方は下記メールアドレスへご連絡下さい。

 

2005年日本演奏旅行スケジュールとプログラムへ戻る。

 


お 問い合わせ/ アンサンブル・ハンブルク=大阪へのEメール